• ホーム
  • プリリジーを服用してたたない経験がある人はいる?

プリリジーを服用してたたない経験がある人はいる?

緑のカプセルと瓶を持っている男性

プリリジーは早漏治療の経口薬で、性行為の1~3時間前に服用します。
セロトニンが再び取り込まれるのを阻害する作用があり、感度をそれほど損なわないのが特徴です。
早漏の原因は主に過敏性と衰退性があり、一般的に早漏と呼ばれるものは前者を指しています。
挿入して1分で射精するという状態は、パートナーにも迷惑をかけています。
男性は1分でオーガズムを感じることが可能でも、女性は絶対に1分は達することができません。
衰退性の早漏は、ペニスがたたないことで生じることが多いです。
完全にたたない状態になることは稀ですが、たちが著しく悪くなると発生することがあります。
衰退性の症状は中高年で経験するケースが多く、年齢を重ねることで早漏になってしまった場合は衰退性の症状だと言えます。
ペニスがたたないことで早漏になってしまう状態でもプリリジーは効果的ですが、この場合は最初にEDを解消していく必要があるでしょう。
EDを解消させないことには、衰退性の早漏の原因を断つことができません。
ED治療薬を服用して勃起力を上げて、その上で射精時間のチェックをしてみましょう。
もし持続時間が以前のレベルまで戻ったならば、ED治療薬を服用するだけでOKです。
いずれにせよ早漏を放置しておくと、よい結果にはなりません。
早漏とは男性にとって大きなコンプレックスとなり、セックスから疎遠になる原因にもなります。
ペニスがたたない経験がある方は、パートナーの女性にも申し訳ない気持ちになることでしょう。
オナニーだと普通に射精できるけど、セックスになるとEDや早漏になるという方もいます。
メンタルが原因の症状は、メンタルの問題を改善しなければ完治はしません。
医療機関で検査を受けると、ストレスケアを受けることもあります。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索